【保護者の皆様へ】新型コロナウイルス感染症に関する対応について(令和3年8月27日)

 平素から、本校教育活動へのご理解とご協力に厚く御礼申し上げます。
 令和3年8月25日に、岡山県の感染状況がデルタ株の流行状況等により国の示す基準で「ステージ4」になったことを受け、「新型コロナウイルス感染症に関する県立学校の行動基準」も「レベル3」に引き上げられました。また、本日から令和3年9月12日までの期間で、岡山県に緊急事態宣言が発出されました。これから新学期を迎えるにあたり、多くの学校行事も計画されています。本校としても引き続き感染症対策をより徹底しながら、適切に対応してまいりたいと思います。つきましては、保護者の皆様方におかれましても下記の点を再度ご確認の上、ご理解とご協力をお願いいたします。今後、学校行事等の予定が変更となる場合は、楽メ等で連絡させていただきます。なお、ご不明な点は学校にお尋ねください。

1 毎日の健康観察の実施について
(1)毎日の健康観察(検温、健康観察)を行う。本人、ご家族に風邪症状(倦怠感、咽頭痛等)がある場合は、発熱等がなくても登校を控える。・・・(但し、地域の感染レベルが2又は3の場合のみ適用)
(2)本人、ご家族を含めて「PCR 検査」や「抗原抗体検査」を受ける場合、また、「濃厚接触者」、「接触者」に保健所より指定された場合は、分かり次第、学校へご連絡ください。

2 児童生徒等の出欠の取扱いについて
〇「学校保健安全法第 19 条による出席停止」とする目安
(1)児童生徒等の感染が判明した場合
(2)児童生徒等が感染者の濃厚接触者に特定された場合
(3)児童生徒等に発熱等の風邪の症状がみられる場合
(4)児童生徒等の同居の家族に発熱等の風邪の症状がみられる場合
(但し、地域の感染レベルが2又は3の場合のみ適用)
出席停止とする期間は、上記(1)については、保健所等が指示する日まで、(2)に ついては、感染者と最後に濃厚接触をした日の翌日から起算して2週間、(3)(4)に ついては、症状がみられなくなるまでとする。
〇「非常変災等児童生徒又は保護者の責任に帰すことのできない事由で欠席した場合などで、校長が出席しなくてもよいと認めた日」とする目安
(1)医療的ケアを必要とする児童生徒等や、基礎疾患等がある児童生徒等で、主治医や学校医に相談し、登校を控えるべきと判断された場合
(2)新型コロナウイルス感染症に関し、各児童生徒等を取り巻く状況等により、保護者の申し出を受け、やむを得ず、特定の児童生徒等の登校を取りやめることが特に必要であると校長が認める場合
※ 参照:文科省 https://www.mext.go.jp/content/20210219-mxt_kouhou01-000004520-03.pdf

3 ワクチン接種と副反応に係る出席の取扱いについて
 授業時間帯以外でのワクチン接種が望ましいと考えますが、調整できない場合も考えられます。その場合は、公欠として取り扱います。
 ワクチン接種に伴う副反応かどうかにかかわらず、発熱等の風邪症状がみられる場合には、2の「学校保健安全法第 19 条による出席停止」とします。また、ワクチン接種に伴う副反応で、発熱以外の腕の痛み等の症状があり、主治医等に相談し、登校を控えるべきと判断された場合は、「校長が出席しなくてもよいと認めた日」として取り扱います。

岡山県立岡山芳泉高等学校
校長 姫路勲